親方からのご挨拶

HOME >親方からのご挨拶

大嶽親方 大嶽部屋ウェブサイトにお越しいただき、ありがとうございます。

私が大嶽部屋を継承して、早いもので2年が過ぎました。
これを機に、ご挨拶にかえて、
私の相撲道についてお話をさせて頂きたいと思います。

其の一 大嶽親方の相撲道

私が、昭和の大横綱と称され、戦後最強の横綱だった大鵬親方のもとに
弟子入りしたのは、今から約37年前。
中学を出たばかりの、15歳のときです。
「横綱になる!」という大きな夢をもって、新しい世界に飛び込みました。

相撲部屋は「軍隊みたいに厳しい」と聞いてはいましたが、
それはそれは厳しかったですね。
稽古が厳しいのは覚悟していましたが、新弟子の私は、
稽古の空き時間には、ちゃんこ場、掃除、洗濯としなくてはいけないことが沢山あるんです。
そのうえに、その頃の大鵬部屋には先輩力士が50名ほどいて、
その先輩力士たちのお遣いやらお世話やら。休む間もありませんでした。
もちろん一人部屋などありません。
40名ほどの力士が大広間で寝るわけですから一人になる時間もありません。

その頃の生活はというと、朝5時から稽古が始まります
(私は、一日でも早く力をつけたかったので、他の新弟子と、3時・4時から稽古前の朝練習もしていました。)。
稽古は11時過ぎに終わります。
当番のときはちゃんこ場へ。ちゃんこ当番でない時は掃除。
稽古が終わると兄弟子から順番に風呂に入り、昼ご飯を食べます。
新弟子は兄弟子の世話をして、1時・2時に風呂に入ってそれから昼ご飯です。
昼を食べ終わる頃にはもう3時くらいになる。
休む間もなく4時から掃除。その後、ちゃんこ番の人は晩御飯の支度。
当番でない人は洗濯したり。先輩のお遣い・お世話等々。
夕飯は6時半くらいから兄弟子が食べ、新弟子はその後です。
食べ終わって片づけをしていたら、あっという間に一日が終わってしまう。
そんな毎日でした。

大鵬親方の教えは、力士として一人前になるのはもちろんですが、相撲部屋を辞めた時に、何でもできるようになれと。ちゃんこ場にしても掃除にしても、厳しく教えられました。大鵬親方は、厳しく鍛えるのを基本としていましたので、誰に対してもほめることはされませんでした。私など、怒られた記憶は数えればきりがありませんが、ほめられた記憶はほとんどありません(笑い)。そんな生活ですから、入門後1年くらいは、親が迎えに来てくれないか…、とトイレの小窓から外を眺めては、毎日のように考えていました。

途中でやめていく人もたくさんいる中で、私が逃げ出さなかったのは、「横綱になる!」という夢・目標をあきらめなかったことと、「負けてなるものか」という想い。一日も早く上にあがって夢を実現するんだという強い思いが、くじけそうになる15歳の私を支えていたと思います。


其の二 大鵬親方との思い出

大鵬親方との思い出は数えきれませんが、私の相撲人生を左右した一番大きな思い出は、
十両に上がる3場所前のエピソードです。
9月場所で幕下上位にいたのですが、その場所は負け越して千秋楽を迎えました。
最終日の祝賀会の会場でのこと。

祝賀会は、相撲取りは接待する側ですから、酔ってはいけないんです。
そのことは十二分にわかっていましたから、
いつもは飲みすぎない様に気を付けていたのですが、
その日は少しヤケになって飲み過ぎてしまいました。

そんな私の様子を見た後援者の方が「お前は稽古をしないから負け越したんだ」といろいろ言ってきたのです。
でもその後援者の方は、稽古を一度も見に来たことがない方でした。
私は、その場所で負け越しはしたけれども、稽古も含めて一生懸命に取り組んだという自負がありました。
ですからそういわれた時に、「ぷちっ」と切れてしまったんですね。

「お前は稽古見たことがあるのか」と、お酒の勢いもあり、ワーッと言ってしまいました。
大鵬親方は人一倍応援して下さる方を大切になさる方です。さっと出てこられて
「お前誰に向かって言ってるんだ」と殴られました。
大鵬親方は怒り心頭ですが、私は私で、自分は間違っていないと思っていましたから
親方に向かって「やめてやるこんな部屋」と。
大変な騒ぎになりました。

翌日、先輩力士がかばってくれて、一緒に親方に謝りに行こうと言ってくれましたが、
謝ったくらいで許してもらえるとは思えず、辞める決意をして親方に挨拶に行きました。
神妙な顔で親方の前に出て正座をして謝ると、なぜか親方が笑っているんですよ。
「そういうときもあるよ。飲んで言いたくなる時もある。でも、飲みすぎるな。辞めないで頑張れ」と。
大鵬親方はとても厳しい方で、私はいつも叱られてばかりでした。
その親方が笑いながら許してくれた。

その上に、一緒に飯を食いに行こうと、普段なら入れないような立派なお店に連れて行ってくれました。

親方はいつもは厳しいけれどそれは私のことを思って言ってくれていたんだ。本当は心の広い温かい人なんだと心底思いました。この一件は私の相撲人生を左右する重大なことです。このことがあって、親方の期待に応えるためにも、もっともっと頑張らないと。今までの自分はあまかった。もっと死に物狂いで取り組まなくてはと気持ちを新たに出直すことができました。

その甲斐あって、その後3場所で十両に上がることができたのです。続く

大鵬道場 大嶽部屋 師匠 大嶽忠博